対談「WEB2.0の行方」 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

11sirouto2sirouto2   10 

あと、ぼくが気になっているのは「ロングテール」という言葉なんですが、本当にWEB2.0の影響で、マイナーなものが拾われるようになったかという疑問があったり。

核心を突く疑問ですね。情報の地方分権にはならず、ますます人口が祭りに集中するだけだろうと…、確かにそうですね。メガヒットの一人勝ち。GUN道の小流行はネタだし…。まあFateやひぐらしはそこそこ人気がありますね。それらは(TYPE-MOONは商業化したけれど元は)同人出身で、プロとアマの垣根が低くなったという一面はあります。アニメはもうネタが枯渇してて、未開の同人界から原作を探そう、という安直な動機でしょうが、結果的に新しい動きです。

ただ、そもそもネット自体はマイナーの福音だと思います。現実世界でマイナーな趣味を話す場を見つけるのは大変難しい。友達に「何それ知らない」と言われたらそれで終わりです。ネットで検索ができるようになって「一万本しか売れなかったゲーム」の話ができるようになった。それがヒットにまでつながらないのは指摘の通りですが、元々80:20の20がロングテールなので、むしろヒットしないものも視界に入る、位のことでしょうか。

返信2006/07/06 00:01:06
  • 11 sirouto2sirouto2 2006/07/06 00:01:06
    あと、ぼくが気になっているのは「ロングテール」という言葉なんですが、本当にWEB2.0の影響で、マイナーなものが拾われるようになったかという疑問があったり。 核心を突く疑問ですね。情報の地 ...