対談「マンガ・アニメ・ゲームの変化」 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

4kagamikagami  

>>要素の組合せ爆発

ああ、これは面白いですね。駒を取り合うことの出来る将棋のアルゴリズムはしらみつぶしにやると無限大(組合せ爆発)になってしまうので、そこに強さへの指向性を持たせるにはどうしたらいいのか、という問題と、考えてみれば繋がっているような感じですね。

どう組み合わせるか、どう+αを求めるかによって、そこに創造性が生まれている感じですね。長大化と固有性の関係についてもその通りだと思います。ただ、長大なシリーズ物の場合は、ブライアン・オールディスらが指摘するように、大長編(シリーズ小説)の場合、途中から例えダメな作になってしまっていても、読者がそれまでの忠誠心によってずっとファンを続けてくれるので、淘汰が働かなくなるという問題もあるので、その辺で、読者の観賞眼は、単独で独立した作品よりも、長大な作品でこそ、よりしっかりした厳しいものが問われるように思います。

返信2006/07/05 01:48:37
  • 4 kagamikagami 2006/07/05 01:48:37
    要素の組合せ爆発 ああ、これは面白いですね。駒を取り合うことの出来る将棋のアルゴリズムはしらみつぶしにやると無限大(組合せ爆発)になってしまうので、そこに強さへの指向性を持たせるにはどうしたらいい ...
    • 5 sirouto2sirouto2 2006/07/05 03:16:25
      大長編の場合、途中から例えダメな作になってしまっていても、読者がそれまでの忠誠心によってずっとファンを続けてくれるので、淘汰が働かなくなるという問題 ああ…これは何となく分かりますね。後期 ...