萌え理論Magazine編集会議 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

49sirouto2sirouto2  

で、連載小説ですが、会話で始まる興味深い冒頭です。題名からたぶん「春」なのだろうということ、「アイリ」と「チバ」なる人物が会話していること、たぶんアイリが友達を募集していること、会話している時間が10時頃だろうということ、自称15歳以下と23歳であること、会話がなされている場所が電子媒体だろうということ、ということは先の年齢と「学校に行っている(学生)」「サラリーマン」のような属性の信憑性も怪しいし、リアルな性別も分からないこと、という風に、短い間にかなりの情報量が詰め込まれています。

更に深く類推すると、もし彼(?)の話が冗談ではなく本当なら、(大卒の場合)23歳なら入社して間もないサラリーマンといったところでしょうが、テレビ(が置いてあるのも謎だが、PCからTVを見れる、あるいは録画した番組の動画を見れる状況もあるかもしれない)を見ながらメールをしているノーネクタイで通る職場というのがどんなものなのか(むしろ現実には意外とあるとも思うけど)、興味深いところです。あるいはそういう不自然さに気付かないアイリと同年代の子供なのか。

それからチバに対して働いているかどうか疑えるということは、この「10時」は平日の朝10時の可能性が高く、すると逆にアイリの方が学校にちゃんと行っている真面目な子だというのも怪しくなっているわけです。後からこの日は土曜日で(更新にシンクロした月曜だと面白い)、学校は完全に週休二日制である、とか設定を追加することもできますし、単に休み時間に(あるいは授業中にこっそり)携帯をいじっていることも考えられます。しかし、春なら新学期ですから、新学期早々ネットで友達募集をしているのも興味深い行動です。

そういう風に色々想像させる書き出しは、短い断片を積み重ねる連載に合っている手法です。

返信2006/07/17 17:26:26
  • 49 sirouto2sirouto2 2006/07/17 17:26:26
    で、連載小説ですが、会話で始まる興味深い冒頭です。題名からたぶん「春」なのだろうということ、「アイリ」と「チバ」なる人物が会話していること、たぶんアイリが友達を募集していること、会話している時間が10 ...