萌え理論Magazine編集会議 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

73tplusftplusf  

> 創作側が書きたいものを書けるようだと普段の創作と変わらないので、

> やはり投票→創作形式の方がいいと思います。

 私も、mizunotoriさんのこちらの意見に賛成です。


 元々の動機が、私自身のブログで書いた、

> 読者を絞っちゃうって方法もありかな?

> 『無声』

> みたいに。

>

> 『あなたの萌えるシチュエーション』

> とかって募集して、

> その人のために書いたり。

 というようなものですので……。


 誰か一人に向けて、作品を書いてみたいです。

 そしてその『萌えシチュエーション』は、尖っていればいるほど、書く意欲が沸くと思うんです。(わ、私だけ?)

 また、一読者の立場で想像しても、

 『自分一人のために書いてもらえる』

 という点に、グッとくるものを感じます。

 読者側も、作品を書かせたいと思わせる『萌え』を提示する必要があり、そこで単なる投票以上の何かが生まれてくるのではないでしょうか?

 あえてキャッチコピーっぽく言うなら、

「あなたの『萌え』を、形にします」

 みたいな感じかな?

 以上の理由から、私は『投票→創作形式』を推したいと思います。


 募集時のはてなポイントでしたら、私も少し蓄えがありますので、協力出来ると思います。

 でも一番の懸念は、

> 萌マガ参加者が企画に乗ってくださるかどうか

 やはりこちらですね。

返信2006/09/05 00:00:58
  • 73 tplusftplusf 2006/09/05 00:00:58
    > 創作側が書きたいものを書けるようだと普段の創作と変わらないので、 > やはり投票→創作形式の方がいいと思います。  私も、mizunotoriさんのこちらの意見に賛成です。  元々の動機 ...