萌え理論Magazine編集会議 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

86sirouto2sirouto2  

>>83

>個人の宣伝では限界があると思いますので、『はてな』の力を利用すべきかなと。

そうですね。ただはてなは人口が多いですが、上手く誘導しないと流れて来ないですね。


>質問開始で50ポイント、回答のオープンで10ptずつ、合計250ptということですね。

>でもこの時点では『回答者に対してのポイント配布』ではないのでは?

>単に『振り分けるべきポイントが、その入力検索上で発生する』という事ですよね。

その通りです。


>参加者が確定してから回答数上限や配布ポイント等を決めれば解決

一人当たり・全体の回答の上限は途中で増減できます。配布ポイントは(人数×10pt)+50ptを上回る分には増やせます。回答者への配分は最後に決めます。


>コメント形式で創作を行おうとしたら、その期間は一週間。

回答者と同じ枠へのコメントは質問者しかできないので、コピペするにしろ何かの連絡が必要ですね。下部のコメントとトラバは一週間を過ぎても利用できます。


tplusfさんの理想的な形をよく把握していないのですが、はてなで募集から創作まで一括するということでしょうか。分かりやすくて魅力的ですが実現方法が難しいですね。少なくとも募集と創作は二回に分ける必要があるでしょう。




>>84

>人力検索上で作品の発表まで済ませてしまうのは無理だと思います。

>どのシチュを使うのかだけ決定してポイントを配分し、

>その後、萌マガ上で作品を発表するということでいいのではないでしょうか。

それが無難なところだと思いますが…実は逆もできるのではないかと考えています。


つまり、逆に萌えシチュの募集を萌えマガ等で行い、創作を人力検索で行います。この場合、萌えマガのメンバーらが萌えシチュを考案し、人力検索で創作する人を募るわけです。考案より創作の方が負担があるので、ポイントを使って広く集める意味が出てきます。もちろん萌えマガのメンバーでも誰でも参加できます。こっちの方が広く人が集まりそうですが、内容が萌理賞と重複してしまいますね。


>そのあたりを踏まえて、とりあえず質問文の一案を書いてみます。

問題ないですが、ここまで立派に宣言しちゃうと、もし後で発表されなかったらちょっと恥ずかしいので、創作参加者は最初の時点で揃っている必要がありますね。




>>85

>創作希望者が名乗り出て下さった場合、sirouto2さんのところに誘導する

はい、構いません。あるいは萌えマガのどこかにコメントやトラバする位でも大丈夫でしょう。


>原稿料ははてなポイントかなと考えていますが、いくらにしましょう?

ポイントはなくてもいいような気がしますが、もし原稿料ポイントを出すなら、投票して競い上位に払うという形にしましょう。その場合なら例えば百人集まっても払うポイントは全く変わりません。

返信2006/09/07 21:11:39
  • 86 sirouto2sirouto2 2006/09/07 21:11:39
    83 >個人の宣伝では限界があると思いますので、『はてな』の力を利用すべきかなと。 そうですね。ただはてなは人口が多いですが、上手く誘導しないと流れて来ないですね。 >質問開始で50ポ ...