記事の草稿 RSSフィード
 

リスト表示 | ツリー表示
ツリー全部最新の50件

1REVREV   記事の草稿

雑誌掲載記事の草稿

返信2006/07/17 10:24:00

2REVREV   「数字で見るこの界隈」こんな感じ?

数字で見るこの界隈:その1:ライトノベルのシリーズ合計

累計部数の目安タイトル
1000万部スレイヤーズ, 銀河英雄伝説, ロードス島戦記 シリーズ
700万部なんて素敵にジャパネスク, オーフェン
600万部十二国記, 炎の蜃気楼
500万部フルメタル・パニック!
400万部ハイスクールオーラバスター, マリア様がみてる, キノの旅 -the Beautiful World-, 今日からマ王!
300万部 ブギーポップシリーズ, 灼眼のシャナ
200万部 涼宮ハルヒ, 魔法戦士リウイ, 星界シリーズ, 破妖の剣, フォーチュン・クエスト
100万部まぶらほ, サ・サード, 彩雲国物語, トリブラ, スクラップド・プリンセス
 80万部いぬかみっ!, しにがみのバラッド。, バイトでウィザード
 50万部ガンパレ小説シリーズ, Dクラッカーズ, イリヤの空、UFOの夏, タクティカル・ジャッジメント, ファイナルファンタジーXI

涼宮ハルヒの憂鬱は、7月初めに280万部という数字が言及されています。

コメント

  • 1000万部で歴史的ヒット
  • 300万部でメガヒット
  • 100万部ヒット

というところでしょうか。

少女系レーベルは見落としやすいこと、また、イリヤの空のように界隈での言及は多いけれど部数が少ないタイトルとフルメタやオーフェンのように言及されにくいけれど部数が多いタイトルがあること、がわかると思います。

 



詳細な表は

http://grev.g.hatena.ne.jp/keyword/lightnovelnumbers

こちらにて。

返信2006/07/17 10:25:00

3REVREV  

数字で見るこの界隈:付記その1:書籍の原価率




ご不便をかけますが、企画上、こちらに移動しました。


http://d.hatena.ne.jp/ama2/20060718/p5

返信2006/07/18 22:27:09

4REVREV  

次の記事の草稿です。

コメント募集中。

返信2006/07/18 17:53:36

5REVREV   2.0な時代

 えーと、この場を編集会議、文章を「草稿」みたいなアナロジーで考えていましたが、

 こちらにコメントがつく前に、ブクマでコメントがついていたのがWeb2.0という感じですかね。

 今回はカタカタしていませんが、3割の流通の取り分のうち、定価の一割は取り次ぎの分?で、書店の取り分は2割、中小書店はかなり苦しい状況です。

 で、買取がどうとか、再販制度がどうとか、ハリーがポッターとか、電撃組とか、そういう話題に繋がるわけです。ただ、重ねていうと、500円の本が書店で20部売れると、本屋の懐に1万円入るとか、500円の本が100万部売れると、出版社の社長の懐に5億円入るとか、そういう考えを持っている人がいたら、参考になるかな、という文章でした。

 なお、ネットによる電子出版についての印税率は、「ネット通販」1~10%、「電子書籍」1~10%、「ダイナミック電子出版」10~40%、「Boon-gate.com(文芸社による電子出版サイト)」50%になっています。--http://homepage2.nifty.com/osiete/s653.htm

参考までに。

返信2006/07/18 18:31:58

6mizunotorimizunotori  

2chソースなんで話半分に。


http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1139586552/522-553

ラノベ絵師の報酬の話。

一般に比べると安いらしい。


http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1139586552/616-640

ラノベデザイナーの報酬の話。

返信2006/07/18 18:42:40

7REVREV  

Thx!

そのへんの話題は自分のキーワードに収納しておいて、溜まったらエントリー化しようかな。

もしくは、時流に乗ったときにエントリー化。

で、落ち着いたら雑誌に(w


ほんとうは、ラノベグループのキーワードなんかがそういう目的で使われてもいいと思うんだけどね。

返信2006/07/18 19:06:27

8sirouto2sirouto2   7 

どうも。草稿スレが記事の在庫的な位置づけだとすると、大変興味深いし雑誌(編集部)の目的にも合っていますね。ブログが放って置くと情緒的になりがちなのは、ブロガーの自己顕示欲(中二病)とかそういう面も強いと思いますが、一人で一日サイクルで記事を書くから深く調べられず、単に違うスタイルで書くことができないという側面もありそうです。自分のブログも初期とは全然違うスタイルになったので実感していますが、ネタニュースに流れがちなのは、実は「ネタにマジレス」バリアの防衛力に頼っているからかもしれない。そう考えると、転載=使い回しの図式を超える(かもしれない)、REVさんのキーワードの活用に画期的なものを感じます。

返信2006/07/18 22:23:29

9lovelovedoglovelovedog   5  Re:2.0な時代

 今回はカタカタしていませんが、3割の流通の取り分のうち、定価の一割は取り次ぎの分?で、書店の取り分は2割、中小書店はかなり苦しい状況です。

余計なコメントではありますが、書店は本1冊万引きされると5冊売ってようやくその損失を穴埋めできることになりますな。

あと、現行の消費税が10%になったら、作家の印税と同じ分の金を国家がもっていくことになるとか。

返信2006/07/19 00:23:29

10REVREV  

定価の二割が粗利としても、家賃や光熱費など固定費をさっぴいて、利益を一割とし、万引きされると10冊売ってやっと回収、とする関係者もネットで見かけます。


なお、印税が全て作者の懐に入るわけではなく、10%程の源泉徴収が発生します。



さて、これらの記事を含めて、「雑誌」の記事がいくつかのニュースサイトに掲載されています。これらにより、数千PVが期待できるでしょう。閲覧した時に、彼らの興味を惹く記事があれば、彼らは記事だけでなくサイトへの興味を示し、(ローカル)ブックマークやアンテナ登録へのモチベーションを増すでしょう。もしくは、彼らがサイトの記憶が残っているうちに、二度目の訪問を発生させれば、「ここは、以前も来たことがある」と印象を深め、やはり、ブックマークやアンテナ登録へのモチベーションを増すでしょう。



 なんで、草稿にブクマが張られた時にはちょっとびっくりしたりして。

 小さなコミュニティーで、記事の強度を上げて、「雑誌」で公開、というパターンを考えていたのですが、少々の完成度より、新鮮さのほうが好まれる、ということでしょう。


 ついでにいうと、今回の記事で若干の反応が得られましたが、それを記事にどうやってフィードバックするか、というのも考えるところがあります。この掲示板で、エントリーに追加して、コメント欄で、新たなエントリーを立ち上げて、自分の(REV)サイトで、などなど。

返信2006/07/19 07:50:47

11REVREV   草稿のようななにか

数字の読み方、について最後に書こうかとおもったけど、途中で公開。




数字で見るこの界隈:その0:数字の見方

数字の見方について。

書籍の原価率について。

http://d.hatena.ne.jp/ama2/20060718/p5

実際に掛かる経費は、テレビカメラで社員の動きを追って、何時間働いた、とか算定しないと分かりません。外注なら簡単ですが。なので、あくまでモデルです。


ライトノベルのシリーズ合計

http://d.hatena.ne.jp/ama2/20060718/p3

これは、マスコミでの発表をまとめたもので、発表された日時によって差がでてきたりします。どれをラノベとし、どれを除外するか難しいところですね。これらの書籍は版を重ねているので、印刷部数と実売の乖離は少なそうです。


エロゲのテキスト量

http://d.hatena.ne.jp/ama2/20060720/p1

まず、なにをもってテキスト量とするのか、というあたりから問題です。

エンコードの方法でサイズは変わってきますし、スクリプト、コメントを入れるか入れないか、でも変わってきます。未使用テキストが入っていたりするかもしれません。

 また、プレイ時間と、テキスト量は正比例するとは限りません。演出によって長くも短くもなるでしょう。

 あと、この数字を「昔と今と、テキストサイズが変化したか」という証明に使うことは困難です。サンプリングが恣意的です。なんらかの方法で、代表的な作品を選び、そのサイズの平均をとったりする必要があるでしょう。

返信2006/08/16 21:00:19